ひんやりジェルマット口コミ

ひんやりジェルマットは暑い日でも快眠できる?【冷却効果Q&A】

ひんやりジェルマットは暑い日でも本当に快眠できるの?

本当にジェルマットさえあれば、暑い日でも快適に眠れますか?

「どんなに暑い日でもジェルマットさえあれば快適に眠れるか・・」

 

これについて私個人の結論から言わせてもらえれば、残念ながら「NO!!」です。

 

確かに、ジェルマットは上手く利用すればひんやり感を長時間味わえるし、寝苦しい夜のお助けアイテムとなるのは間違いありません!!

 

でも、残念ながら真夏の熱帯夜のように部屋の温度が高すぎる場合には、さすがのひんやりジェルマットも全く“冷たくならない”んですよね。

 

と言うのも、ジェルマットはお部屋の気温よりも約1・5℃冷たくなるように出来ているため、あまりに部屋の温度が高すぎる場合にはジェルもやっぱりぬるいんです。

 

ですから、ジェルマットを利用する前にはエアコンをつけてある程度部屋を冷やしておくか、もしくはジェルマット自体を冷蔵庫などで冷やしておく必要があります。

 

ちなみに私の場合ですが、我が家の冷蔵庫はコンパクトに畳むことが出来るとはいえ、それなりに大きなジェルパットを冷やすことのできるスペースの余裕がないので、毎日寝る前にエアコンをかけて部屋の温度をある程度下げておいてから使うようにしています。

 

こうしておくと、たとえお部屋の中が多少暑くなってもジェルマットがひんやりといい感じに冷えてくれているので、エアコンを切った状態でも気持ちよく眠れるんですね。

 

以前は、エアコンのタイマーが切れると暑くて目が覚める・・と言うのを毎日2度3度と繰り返していましたが、今では多くて朝方に1回ほど目が覚めるだけ。それでも部屋を少し冷やしてあげるとまた気持ちよく眠れるので毎日快適ですよ。

ひんやりジェルマット公式サイト

買うならヒラカワのひんやりジェルマットがおすすめ!

ひんやりジェルマットは暑い日でも快眠できる?【冷却効果Q&A】関連ページ

冷えすぎることってある?
【寒がりでも大丈夫?】暑がりなご主人のために冷却マットの購入を考えたけれど、寒がりな奥様にとっては寝心地が気になるところ。実際に使ってみて冷えすぎたりしたら、風邪を引いてしまいかねませんからね。こちらでは、ジェルマットが冷えすぎないかについて、私の実体験を詳しくご紹介しています。
冷たさはいつまで続く?
【冷却効果なし?】「ひんやり感が30分しか持たない」という口コミを見て、冷却マットの冷たさは実際いつまで続くの?と気になった方は多いはず。そこで、実際にジェルマットを試した私の正直な感想を公開!本当にひんやり感は30分しか持たないのかについて徹底検証しているので、参考にしてみて下さい。
冷たさが戻る時間は?
【元の温度に戻る時間は?】身体の熱を吸収して冷やす冷却マットは、当然使っているうちにぬるくなってしまうもの。じゃあ、そのぬるさが元のひんやり感に復活するまでの時間は?と気になった方は多いはず。こちらでは、元のひんやり感に復活するまでの時間について、実体験をもとにお答えしています。
車やテントでも使える?
【屋外では効果なし?】キャンプをする時も寝苦しさを感じるもの。そんな時、車内やテント内でも冷却マットが使えたらなぁと考える方はいるはず。こちらでは、実際にジェルマットを購入した私の個人的な意見をご紹介。冷却マットは屋外でも快適に涼しく使えるのかについてお答えしています。
熱帯夜でも快眠できる?
【熱帯夜は効果なし?】熱帯夜が連日続く日本の夏。いくらひんやりジェルマットと言っても、さすがに熱帯夜は寝心地悪いんじゃ?と考える方は多いはず。そこで、実際にジェルマットを試してみた私の実体験をご紹介!熱帯夜でも快眠できるのかを徹底検証してみました。
長さが短くても冷たい?
【短いサイズは冷えない?】冷却マットは主に上半身のみが隠れる程度の大きさ。そのため、「この短いサイズで本当に冷えるの?」と疑問に思った方は多いはず。なぜマットは短めなのか、短くても冷却効果はあるのかどうかについて、私の実体験をもとに疑問にお答えしています。
枕用だけでも冷却効果あり?
【枕用だけでは冷えない?】色んなメーカーから販売されている冷却マット。今では枕タイプも販売されていて、枕用の冷却効果も気になるところ。実際、枕タイプだけの使用でもひんやり感は感じられるのかどうか、ジェルマットをセット購入した私の実体験を詳しくまとめています。