ひんやりジェルマット口コミ

ひんやりジェルマットの使い方は?シーツやカバーは必要?【特徴Q&A】

ひんやりジェルマットの使い方は?カバーやシーツは必要?

ひんやりジェルマットは、布団の上に敷いたらそのままダイレクトに使うモノなのですか?

 

それともシーツかカバーを使用した方が良いのでしょうか?

私個人の意見としては、やはり汚れを防ぐという意味でもカバーは掛けて使った方が良いと思います。

 

ちなみに、ひんやりジェルマットは自分で洗うことが出来ますよ。

 

ジェルマット箱裏側

 

もちろん洗うと言っても、洗濯機でぐるぐる回すというのは壊れてしまうのでNGですが、お風呂場などシャワーで表面の汗や汚れを洗い流すことは十分に可能です。

 

ですから、衛生面においても比較的安心ですね。

 

なので、カバーなど使わずそのまま使用したいという方であれば、そのまま使っても何の問題もないですね。

 

ただ、ジェルマットをカバーもシーツも何もつけない状態で使ってしまうと、(お部屋の温度にもよりますが)かなり寒いです!!マットの冷たさがダイレクトに身体に伝わってしまうので、ヘタすると風邪をひくくらいに寒いんです!

 

冷えすぎるのが困るという方は、絶対にカバーやシーツは必須だと思います。

 

カバーを付けたジェルマット

 

実は私も、初日はカバーも何もつけずにジェルマットを使用したのですが、あまりの寒さに慌てて夜中からカバーを付けてしまいました。

 

ちなみに、ジェルマットのカバーは今回私が注文した「スターターキット」に付属されていたので、届いてすぐ使いこなせたのは良かったですね。

 

レギュラーマットだとサイズは90センチ×90センチと、市販のお布団のサイズとは大きく違ってくるので、もしひんやりジェルマットを購入するならスターターキットのようにカバーがあらかじめついているプランを選ぶか、もしくはマットと合わせてシーツも購入しておいた方が良いでしょう。

ひんやりジェルマット公式サイト

買うならヒラカワのひんやりジェルマットがおすすめ!

ひんやりジェルマットの使い方は?シーツやカバーは必要?【特徴Q&A】関連ページ

どうして重いの?
【重さはどのくらい?】一般的なマットレスに比べると結構重い冷却マット。なぜあんなに重いの?軽いタイプはないの?って思った方は多いはず。でも、ジェルマットが重たい理由はちゃんとあるんです!実際にジェルマットを試した私の体験談とともに、素朴な疑問にお答えしています。
硬いってホント?
【腰痛の方でも使える?】腰痛持ちの方にとって、マットレスの硬さは重要なポイント。商品によって質感が異なるので、事前にチェックしておきたいですね。こちらでは、実際にひんやりジェルマットを試した私の感想をご紹介!ジェルマットの質感や寝心地などをお伝えしているので、ぜひ参考にしてみて下さい。
冷える仕組みは?
【常温でも冷たいのは何故?】冷蔵庫で冷やさずそのまま使えるひんやりジェルマット。何だか見た目にぬるそうだけど、本当にひんやり感はあるの?って気になった方は多いはず。そこで、実際に冷却マットを試した私が実体験を公開!常温のままでも冷たいのか、寝心地を詳しくお伝えしています。
気になる臭いは?
【臭いの正体は?】冷却マットの口コミに「酸っぱい臭いがする」とあり、実際ジェルマットの臭いはどうなの?と疑問に思った方は多いはず。嫌な臭いを一晩中嗅ぐのは苦痛なので、購入前に知っておきたいですよね。こちらでは、実際にジェルマットを買った私の正直な感想をもとに疑問にお答えしています。
通気性はある?
【汗かきでも大丈夫?】睡眠中の汗や湿気は、冷却マットを使っていても防げないもの。大なり小なり人間は就寝中に汗をかきます。そうなると、気になるのがジェルマットの通気性。汗をかいても気持ち悪くならないのかどうか、私の実体験をもとに疑問にお答えしています。
寿命・耐久年数は?
【使用期限はあるの?】冷却マットを購入する上で気になるのが耐久年数。ひと夏しか使えないものだとしたら、購入しないという方もいるのでは?ここでは、私の実体験をもとに、ジェルマットの寿命は?買い替え時期はいつ?という疑問にお答えしています。
赤ちゃんも使える?
【何歳から使える?】小さなお子さんがいるご家庭では、赤ちゃんのためにと冷却マットの購入を考えるケースが増えています。がしかし、体温調節が未発達な赤ちゃんが使えるの?と気になった方は多いはず。そんなママ達の疑問について、ジェルマットを実際に試した私がお答えしています。