ひんやりジェルマット口コミ

ひんやりジェルマットはなぜ重たい?冷却マットの原理は?【特徴Q&A】

ひんやりジェルマットが重いのはなぜ?

なんでジェルマットはあんなに重いのでしょうか?

 

軽いタイプのモノはありますか?

ジェルマットが重いのは、中身のジェル剤に含まれている水分のためです。

 

そして、水分量が多ければそれだけ冷却効果が高いということにも繋がるので、マットの重量=冷却効果ということにもなるんですね。

 

つまり簡単に言えば、「水分量が多ければ多いほどひんやり感が強く持続してくれる」ということ。

 

もしあなたがよりヒンヤリ感を求めているのなら、多少重くても水分がたっぷり含まれたレギュラータイプを選ぶのがベストだと言えるでしょう。

 

ただ、レギュラータイプのジェルマットはジェルの質感がかなり硬めなため(お菓子のグミみたいな感じ)、寝心地が合わないという方も結構おられるようです。

 

かくいう私も始めはレギュラーマットの硬さになかなか慣れなくて、「ソフトタイプにすればよかった・・」と少し後悔するほどでした。

 

でも、硬さが合わないというのは結構何度も使っているうちに慣れてくるものなので、それほど心配することはないと思います。これは経験から言えることなので間違いはないです。

 

ただ、もしどうしても硬いジェルマットが苦手だという方、ひんやり感の強さよりも柔らかさ・軽さを求めたいという方には、ベーシックジェルよりも柔らかな質感の「ソフトジェル」を使ったジェルマットを選ぶと良いでしょう。

 

ちなみに、レギュラータイプのジェルマットとソフトタイプのジェルマットを比べると、同じシングルサイズでも重量が1キロほども違ってきます。

 

○ベーシックジェルマット・・4.2キロ
○ソフトジェルマット・・・・3.3キロ

 

どちらを選ぶかは好みの問題になるので、自分が一番扱いやすく合っていると思うモノを選ぶと良いと思いますよ。

ひんやりジェルマット公式サイト

買うならヒラカワのひんやりジェルマットがおすすめ!

ひんやりジェルマットはなぜ重たい?冷却マットの原理は?【特徴Q&A】関連ページ

硬いってホント?
【腰痛の方でも使える?】腰痛持ちの方にとって、マットレスの硬さは重要なポイント。商品によって質感が異なるので、事前にチェックしておきたいですね。こちらでは、実際にひんやりジェルマットを試した私の感想をご紹介!ジェルマットの質感や寝心地などをお伝えしているので、ぜひ参考にしてみて下さい。
冷える仕組みは?
【常温でも冷たいのは何故?】冷蔵庫で冷やさずそのまま使えるひんやりジェルマット。何だか見た目にぬるそうだけど、本当にひんやり感はあるの?って気になった方は多いはず。そこで、実際に冷却マットを試した私が実体験を公開!常温のままでも冷たいのか、寝心地を詳しくお伝えしています。
気になる臭いは?
【臭いの正体は?】冷却マットの口コミに「酸っぱい臭いがする」とあり、実際ジェルマットの臭いはどうなの?と疑問に思った方は多いはず。嫌な臭いを一晩中嗅ぐのは苦痛なので、購入前に知っておきたいですよね。こちらでは、実際にジェルマットを買った私の正直な感想をもとに疑問にお答えしています。
通気性はある?
【汗かきでも大丈夫?】睡眠中の汗や湿気は、冷却マットを使っていても防げないもの。大なり小なり人間は就寝中に汗をかきます。そうなると、気になるのがジェルマットの通気性。汗をかいても気持ち悪くならないのかどうか、私の実体験をもとに疑問にお答えしています。
カバーやシーツは必要?
【朝まで冷たいのは嘘?】布団に敷いて寝るだけで、寝苦しい夜も快適に眠れると評判のひんやりジェルマット。でも、実際の寝心地は?長時間使うと熱くなるんじゃ?って気になった方は多いはず。そこで、実際にジェルマットを試した私のリアルな体験談を大暴露!冷却マットの購入を検討中の方は参考にしてみて下さい。
寿命・耐久年数は?
【使用期限はあるの?】冷却マットを購入する上で気になるのが耐久年数。ひと夏しか使えないものだとしたら、購入しないという方もいるのでは?ここでは、私の実体験をもとに、ジェルマットの寿命は?買い替え時期はいつ?という疑問にお答えしています。
赤ちゃんも使える?
【何歳から使える?】小さなお子さんがいるご家庭では、赤ちゃんのためにと冷却マットの購入を考えるケースが増えています。がしかし、体温調節が未発達な赤ちゃんが使えるの?と気になった方は多いはず。そんなママ達の疑問について、ジェルマットを実際に試した私がお答えしています。